Amazonで買ってよかった商品をまとめました!

【2021年 冬アニメ感想】俺TUEEE多めだけど余裕で楽しめた!分割2クールも楽しみな作品多数

どうも、ズッカズです。

 

スマホアプリのウマ娘 プリティーダービーに没頭していたら今期アニメが終わっていました

慌てて追っていたアニメを見終えたので感想を書いていこうと思います。

 

恒例行事的な記事なので、今回も「ふ~ん」って感じで読んでくれると嬉しいです。

 

ちなみに、来期春アニメの配信情報をまとめた記事もあります。

dアニメストア」などでアニメを見ている方はコチラもあわせてご覧ください。

 【2021年春アニメ】今期アニメの見逃し配信情報を徹底比較!おすすめVOD一覧まとめ!

2021年今期アニメ(秋アニメ)のVOD配信状況まとめ 【2021年秋アニメ】今期アニメの見逃し配信情報を徹底比較!おすすめVOD一覧まとめ!【Amazon、Hulu、dアニメストア】

視聴した冬アニメは全部で17作品

2021年の冬アニメで視聴した作品は

  1. 俺だけ入れる隠しダンジョン
  2. 怪病医ラムネ
  3. 回復術士のやり直し
  4. 蜘蛛ですが、なにか?
  5. 怪物事変
  6. 五等分の花嫁∬
  7. 弱キャラ友崎くん
  8. 呪術廻戦(2クール目)
  9. たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語
  10. 転生したらスライムだった件 第2期
  11. Dr.STONE
  12. ホリミヤ
  13. 無職転生 ~異世界行ったら本気出す~
  14. Re:ゼロから始める異世界生活 2nd Season(2クール目)
  15. ワールド・トリガー
以上の15作品です。

 

「呪術廻戦」は前期からの続き、「リゼロ」は冬アニメが分割2クール目だったのでようやく終了しました。

「転スラ」、「無職転生」は分割2クールで、「蜘蛛ですが、なにか?」は2クールアニメとなります。

 

お気づきの方もいるかもしれませんが、ウマ娘のゲームばっかりやってアニメを一切見ていません

ズッカズ
あとで履修します

俺だけ入れる隠しダンジョン

総合評価
(2.5)

たまたま見つけたダンジョンにたまたま入れて、そこでめっちゃ強い能力を手にして俺TUEEE的なことをしていく作品。

 

そこまで俺TUEEE感は強くないんですが、女の子にモテモテのハーレム要素もあったりで割と好きでした。

ズッカズ
まさにスタンダードな俺TUEEEって感じのアニメ!

ただ、個人的にはもう少し俺TUEEE感が欲しくて、めっちゃ強い能力を手に入れたのに主人公がそこまで使いこなせていないのが残念。

 

めっちゃ強い能力を使うためには「LP」呼ばれるポイントを消費するんですが、LPの入手方法が

  • 女性とイチャイチャする
  • 美味しいご飯を食べる
  • 何らかの達成感を得る
のどれかの行動を起こさないといけないんですよね。

LPとかいう概念のせいで俺TUEEE感が薄れていたのが少し残念でした。

やっぱアノス様は偉大だったかもしれない。

原作はラノベですが、漫画版も連載されていてマガポケなどで読むことができます。

 

マガポケは地味に俺TUEEEとか異世界転生モノも豊富なので結構オススメ。

 

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

怪病医ラムネ

総合評価
(3.5)

怪異を病気として扱い、それを治療する医者のラムネが怪病の患者を治療したりしていくアニメ。

だいたい1~2話完結だったのでかなり見やすいアニメでした。

 

爪が唐辛子になったり、男性器がちくわになったり、頭からポップコーンが弾けたりなど、少し変わった怪異がたくさん出てくるのが特徴的。

患者の怪病とそれを発症した理由がちゃんと紐付けされているので、因果関係を知っていくストーリーは結構面白かったです。

 

ただ、頭からポップコーンが弾ける怪病の話は、患者の父親が論外過ぎてちょっとキツかった

 

息子が一人立ちして自分の元は慣れるのを阻止するために「お母さんが入院してるのはお前のせいだよ」って嘘を吹き込むっていう発想がヤバイ。

この話に関してはもっと親父を懲らしめて欲しかった感があります。

 

入院している母親が離婚を切り出すくらいのことはしても良かったんじゃないですかね。親父が最悪だから。

 

話は変わりますが、このアニメのOPは冬アニメの中でも結構良かったんじゃないかなと思います。

主人公の声優である内田雄馬さんが歌っていて、歌もさることながらトラックがめちゃくちゃ聞き心地がいい

 

イントロ聞いた瞬間に「え、めっちゃいい」ってなったので、皆さんも一度じっくり聞いてみてください。

「怪病医ラムネ」の原作は漫画で、一度打ち切りになったみたいですが現在はマガポケで連載中です。

 

冬アニメの中でも個人的に結構楽しめた部類だったので、これを機に追ってみてはいかがでしょうか。

 

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

回復術士のやり直し

総合評価
(3.0)

1周目の世界でひどい目に合いまくっていた主人公が世界をやり直し、1周目で自分を虐げてきたやつらに復讐する話。

 

漫画アプリにて漫画版を読んでいたので内容はある程度知っていたんですが、アニメはアニメで結構楽しめたと思います。

 

ただ、復讐アニメなのに復讐を達成しても見てる側はそこまでスッキリしないんですよね。

やってる復讐が内容的にアレってのもあるんですが、主人公の虐げられてきた時間をそこまで共有できていない気がします。

 

「怪病医ラムネ」の頭からポップコーンの話は前後編になっていて、前編で親父の最悪さを堪能し、後編で解決って感じなので解決時のスッキリ感があったんですが、回復術士にはそれがあんまない。

 

そもそも、話の主軸が違い過ぎるので比べるのは違うとは思うんですが、回復術士にもスッキリ感があれば個人的にもっと好みでした。

 

そういえば、自分をひどい目を合わせたやつらの中には女性キャラも普通にいるので、復讐の際は謎の光が連発しまくっていましたね。

 

あまりにも18禁な描写だらけで謎の光が追っつかなくなり、最終的には同じ画面が30秒以上流れるって手法は正直こりごり。

TPOとかどうでもいいので全ての描写を僕に見せてください

 

色々と不満を書きましたが、このアニメはEDが非常に良かったです。

回復術士のドロドロとした復讐劇をEDが全て浄化してくれます。

 

「怪病医ラムネ」のOPに並んで冬アニメの中でもオススメしたい1曲です。

「回復術士のやり直し」の原作はラノベです。

 

漫画版は「ヤングエースUP」にて連載されているので、アニメの続きを読みたい場合は読んでみてもいいかもです。

 

ちなみにアプリじゃなくてブラウザで読むタイプのやつです。

 

蜘蛛ですが、なにか?

総合評価
(3.0)

とある学校の一クラス全員が突如として異世界転生してしまい、主人公はあろうことが蜘蛛の魔物に転生して何やかんやする話。

 

このアニメは蜘蛛サイドと勇者サイドで話が分かれています。

主人公の話である蜘蛛サイドはザ・異世界転生って感じで、探検しながら俺TUEEEしていくようなストーリー。

対して勇者サイドはクラスメイトの一人を中心に、異世界転生したクラスメイトたちの話が進んでいきます。

 

個人的には、蜘蛛サイドはまぁまぁ楽しめたんですが、勇者サイドの話があんまりパッとしない印象。

基本的に異世界の学園内での話なのでしょうがない気もするんですが、蜘蛛サイドは結構激しい戦闘があったりするのでどうしても見劣りしてしまいました。

 

ただ、同じ時間軸の話かと思ったら蜘蛛サイドの15年後が勇者サイドの話になっているっぽいんですよね。

そこだけは少し面白くなりそうって思ったので、蜘蛛サイドと勇者サイドがどのように交わるのかが楽しみです。

 

このアニメは2クール作品なので、来期春アニメでも放送されます。

これからの展開に期待大です。

「蜘蛛ですが、なにか?」の原作はラノベで、漫画版も連載されています。

 

この作品も「回復術士のやり直し」同様ヤングエースUPにて掲載されているので、気になる方はぜひ。

 

怪物事変

総合評価
(4.0)

多くの怪物(けもの)がいる現代日本で、主人公である夏羽が探偵の隠神の下で助手をしながら自分の両親を探す、というのが主軸になるストーリー。

 

ジャンプSQで連載している作品なんですが、連載開始当初から読んでいたのでアニメ化決定したときは結構嬉しかったですね。

作画も安定していましたし、物語もポンポン進むので初見の人でも非常に見やすいアニメだったと思います。

 

良心の手掛かりを探すという大きな目標があるものの、細かい話は大体1~2話くらいで完結してたのが良かったですね。

少年漫画らしく主人公や仲間たちも探偵業を通して成長していくので、全編通してシンプルに楽しめました。

 

キャラデザが一見すると可愛い感じなんですけど、その分、敵役となる奴らの本性が表れたときのギャップもすごい。

怪物って名前の通り、バケモン感も感じられる演出は個人的にも好みでした。

 

怪物事変はここから戦闘描写も増えたりで面白くなってくるので、アニメで興味を持った方は原作も買っていきましょう。

五等分の花嫁∬

総合評価
(3.5)

今更特に語ることもないんですが、2期の五等分も無難に楽しめました。

1期よりも姉妹の風太郎への好意が如実に表れているので、ラブコメ好きの僕としても「イイネ!」って感じです。

 

すでに原作も完結していますし、僕も原作で最後まで読んでいるので内容は知っているんですが、やっぱラブコメアニメは声が付くと更に楽しめますね。

 

そして本編とは関係ないんですが、相変わらずOPが非常に良かったです。

1期もかなり良かったんですが、個人的には今回のOPの方がグッドボタン連打。

 

CDジャケットも良い感じなので気に入った人は買ってみて欲しいです。

ちなみに、2期放送終了後に3期制作決定の発表もされたので、続編のOPにも期待したいと思います。

 

薄い感想しか書けてないんですが、それくらい普通に楽しめた作品でした。

弱キャラ友崎くん

総合評価
(3.0)

ゲーマーで「人生はクソゲー」と揶揄している主人公が、同じくゲーマーなのに「人生は神ゲー」と豪語するヒロインによって、人生というゲームを楽しむために試行錯誤するアニメ。

 

第1話でヒロインが主人公に向かって、「私が尊敬していたゲームプレイヤーってお前かよ」って感じで罵倒しまくるシーンがあります。

ほぼほぼ喋ったことない相手に良くここまで言えるなと、初っ端から非常に不愉快だったんですが、主人公への当たりの強さは慣れてきました。

 

「アニメだから」で片付く話ではあるんですが、この作品に出てくるキャラはめんどくさい奴が多かった印象

高校生の頃なんてそんなゴチャゴチャ考えてねーよ。

 

まぁそれがこの作品の良さでもあるのかもしれませんが、自分を演じて高校生活送るのってしんどそうだなって感じでした。

 

あと菊池さんが終始可愛かったです。

呪術廻戦(2クール目)

総合評価
(5.0)

大人気過ぎて今更語ることもないんですが、文句なしで毎週面白かったです。

そもそもジャンプで追っているので内容は全て知っているんですが、それでも見るのが楽しみな作品でしたね。

 

とりあえず作画がメチャクチャ良いので、アニメならではの呪術の演出はかなり見ごたえがありました。。

一挙手一投足がヌルヌル動いてくれるので、「漫画の演出がアニメだとこうなるのか!」っていう楽しさを毎週感じられましたね。

 

「黒閃」のシーンなんかはBGMも相まってマジでカッコいい仕上がりになってましたし、漫画勢も文句なしで楽しめたと思います。

 

そして、第0巻の内容が劇場版で公開されることが決定しました。

主人公は虎杖ではなく、アニメ上でもチラっとだけ出てきた「乙骨憂太」という少年に変わります。

前日譚という位置付けなので、アニメ上で2年だった先輩(真希、パンダ、狗巻)がメインのストーリーですね。

 

乙骨はかなりチート性能な主人公だったので、劇場版でどんな感じの活躍になるか非常に楽しみです。

 

アニメ公開前に「呪術廻戦がめっちゃ面白いよ!」って記事も書いたので良ければあわせてどうぞ。

 ジャンプ連載中の「呪術廻戦」がマジで面白いからおすすめ&魅力を語る【評価・感想】

 

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語

総合評価
(2.0)

めっちゃ強い人しかいない村出身の主人公が軍人を目指して上京し、俺TUEEEして「あれ?なんかやっちゃいました?」をする作品。

 

漫画版をアプリで読んでいたので内容を知っていたのもありますが、アニメはまぁまぁだったかなと思います。

単純に各話にあんまりワクワクしないというか、ほのぼの系の俺TUEEE作品なので爽快感みたいなものが無かった印象です。

 

たしかに俺TUEEEではあるんですけど、主人公が「僕、村ではめっちゃ弱かったので…」って卑下する描写が少し鬱陶しい

皆がすごいって言ってるんだから少しは自分を認めなよって感じでした。

 

このアニメ見て気付いたんですけど、俺TUEEE作品で自分の強さを自覚していない「あれ?また何かやっちゃいました?」系主人公はあんまり好きじゃないかもしれないです。

転生したらスライムだった件 第2期

総合評価
(1.5)

分割2クールらしいので総合的な評価はまだ先になりますが、とりあえず1クール分の感想を書いていきます。

 

転スラ2期に関しては「テンポが悪い」という一言に尽きると思いますね。

そもそも1期の頃からテンポが悪い節があったんですが、2期は如実に引き延ばし演出が見られてマジで萎えました。

 

僕は個人的に前回のあらすじを1分以上垂れ流すアニメがあんまり好きじゃないです。

その1分使って物語を進めろよって思ってしまうんですが、転スラの前回のあらすじは1分どころじゃない。

 

前回のあらすじどころか1期の振り返りなんかも差し込んできて、1ミリも話が進まないし新規カットもない時間があるのはどうかと思いました。

 

1クール目の最後はリムルが人間を大量虐殺して魔王になり、仲間を復活させるところで終わるんですが、そこまでの道のりが長すぎる。

「人間が攻めてきている→迎え撃とう→負けた→会議しよう→虐殺」って段階で進むんですが、「会議しよう」までで10話近く使っているんですよね。

 

会議だけで1話終わることもあったし、何度も言いますがマジでテンポが悪いのが目につき過ぎました。

 

転スラを見ている視聴者って、結局はリムルがどんだけ俺TUEEEしてくれるかを楽しみにしていると思います。

むしろそれが醍醐味みたいなところがあるので、リムルの強さをいっぱい見たいんですよね。

 

それなのに、2期で俺TUEEEしたのってマジで最終話付近くらい。

他の話も大事かもしれませんが、最終話付近まではかなり退屈でした。

 

なろう系、異世界転生、俺TUEEEの中でも転スラって割と上位にいる作品なはずなのに、なんでアニメはこんなに引き延ばしたのか謎です。

Dr.STONE

総合評価
(3.5)

第2期として冬アニメで放送された作品ですが、今回も安定して面白かったです。

 

呪術廻戦と同様、こちらもジャンプで追っているので内容は全てわかっているんですが、毎週楽しみな作品でした。

Dr.STONEは要所要所に熱いシーンがあって、そこに声が吹き込まれると原作以上に熱くなるんですよね。

やっぱ千空と大樹のコンビは最高だなって感じです。

 

原作と比較するとストーリー的にはかなり序盤なんですが、そんなのが気にならないくらい楽しめました。

 

概ね満足なんですが、あんまり好きじゃないのが最終話にYouTuberをゲスト声優として迎えていること。

別にはじめしゃちょーは好きでも嫌いでもないんですが、「わざわざ素人をゲストとして迎える必要ある?」っていう疑問がすごいです。

 

1期の頃もよく分からんゲンの歌が差し込まれたりしたので、無駄なことはしなくてもいい気がします。

 

3期の制作が決定しているので、続編に関しては楽しみに待とうと思います。

ホリミヤ

総合評価
(3.0)

高校が舞台の恋愛?日常?系アニメ。

主要キャラである男女2人(堀さんと宮村くん)をメインに、取り巻きの恋愛模様なんかも描かれている青春ストーリー的な感じですかね。

 

本編とは関係ないんですが、最近はこういう高校生活ド真ん中みたいな物語を読むのがしんどくなってきました。

こいつらめちゃくちゃ青春してるけど、そんなアニメを見ている俺は何?って感情に支配されてしまいます。

青春が眩しすぎるよ、俺には。

 

アニメの内容に関しては可もなく不可もなく、全編通して楽しめる内容だったと思います。

 

取り巻きの恋愛模様も面白いんですけど、やっぱり堀さんと宮村くんペアが焦点に当たっている話の方が好みでしたね。

「あ~青春!」って感じがするので。

 

この2人は割と序盤にくっ付くんですけど、くっ付く前もくっ付いた後も、どちらの状況も微笑ましく見れるので、展開に飽きることがありませんでした。

 

あと堀さんが若干情緒不安定なところがグッ( ・ㅂ・)و ̑̑って感じです。

 

原作が恋愛漫画ってわけではないみたいなんですが、日常要素や恋愛要素のバランス的に男女ともに楽しめる作品だったかなと。

青春を楽しめる方にはおすすめです。

無職転生 ~異世界行ったら本気出す~

総合評価
(4.5)

異世界転生モノ。

前世はニートでどうしようもなかった主人公が転生したことで人生を本気でやり直すって感じの作品。

 

分割2クールなので正式にはまだ終わっていないんですが、1クールの範囲だけ感想を書きます。

 

とりあえず無職転生はマジで面白かったですね。

作画も安定してるし、物語も1話1話でポンポン進むので、ストレスなく最後まで視聴できました。

 

色んな人が言っていることだとは思うんですが、無職転生は異世界転生モノなのにモノローグの声が前世の声のままなんですよね。

地味にこの演出が新鮮で、例えば同じように転生して姿や声が変わる転スラ、幼女戦記には見られない演出です。

 

異世界転生モノって「いやこれ転生モノにした意味ある?」って場合が多いんですけど、無職転生は前世の記憶や体験がベースにしっかり残っています。

個人的には「異世界転生」って言葉がしっくりくる作品でした。

 

毎週毎週楽しみな作品でしたし、1クール目の後半から展開がガラっと変わってきたので、2クール目も早く見たい作品ですね。

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd Season(2クール目)

総合評価
(4.0)

分割2クールの作品だったんですが、冬アニメ枠でようやく終わりました。

最終話まで見終わると「面白かったな~」って感じなんですが、最終話までの道のりが長すぎて見返す気にはなれない気がしますね。

 

1クール目から通して「聖域編」というパートのみしか進んでいないんですが、この話が異常に長い

聖域編としての物語は進んでいるしテンポも悪くはないんですが、同じような場所の話が延々続くのは見ていて若干しんどかったです。

 

1クール目とかは今思い返すと退屈な部分もあったので、地味に評価が分かれそうではあります。

 

ただ、49話でスバルがベアトリスを連れ出すシーンは非常に良かった

全体としてはクッソ長い話でしたが、49話とか後半の展開を思い返すと見ていて良かったなって感じですね。

 

3期があるのかはわかりませんが、どうせなら続きも見てみたいです。

あとレムをさっさと起こして欲しいです。

ワールドトリガー

総合評価
(3.5)

かなり人気の作品なので今更言うこともないんですが、アニメもかなり面白かったです。

「近界民(ネイバー)」と呼ばれる人型の宇宙人たちとの戦闘や連れ去られた人たちを取り戻すという主軸をメインに、訓練したり訓練しまくったりする作品。

 

今回が2期に当たる作品で、1期は73話くらい(1年以上)放送していたんですが、2期は全12話で終わってしまいました。

一応3期の放送が10月から決定しているのですが、個人的には2クール分くらい見たかったです。

 

アニメの第3、4話くらいまでは侵略してきたネイバーとの戦闘の話、残りは主人公たちの戦闘訓練といった展開でした。

 

トリオンを使った攻撃はやはりアニメだと映えまくっていて、戦闘描写はかなり良い感じだったと思います。

また、ストーリーも割とポンポン進むので、見ていて垂れることもなかったですね。

 

ワートリの良い点はネイバーとの戦闘はもちろん、戦闘訓練も普通に楽しめるところ。

 

「訓練」って聞くと地味な感じに見えるかもしれませんが、ワートリの戦闘訓練は市街地を実際に使うガッツリとしたチーム戦です。

そのため、訓練なのに実戦さながらの緊張感があり、案外楽しめちゃうんですよね。

 

この戦闘訓練が銃で撃ち合うゲームのFPSと似たところがあり、余計に楽しむことができました。

大きな目標へ向けての進みは遅いですが、各話が簡潔で満足度も高かったです。

 

若干の不満を上げるとすると、原作にも言えるんですが訓練しすぎててネイバーとの戦闘が少ないことでしょうか。

まとめ:俺TUEEE系は無難に楽しめる

僕が見た冬アニメは俺TUEEE系が割と多かったんですが、変なこと考えずに見れるので無難に楽しめました。

特に無職転生は予想以上に楽しめたので、2クール目が今から楽しみですね。

 

無職転生以外にも分割2クール作品や続編制作が決定した作品も多いので、冬アニメは人気作品が固まっていた気がします。

文句を言いたい作品もありましたが、なんだかんだで楽しめたクールでした。

 

すでに春アニメも放送されているので、引き続き視聴していこうと思います。

 

各アニメがどのVODで配信されているかをまとめた記事もありますので、dアニメストアなどでアニメを見ている方は参考にしてみてください。

 【2021年春アニメ】今期アニメの見逃し配信情報を徹底比較!おすすめVOD一覧まとめ!

2021年今期アニメ(秋アニメ)のVOD配信状況まとめ 【2021年秋アニメ】今期アニメの見逃し配信情報を徹底比較!おすすめVOD一覧まとめ!【Amazon、Hulu、dアニメストア】

そりでは!