マンガアプリのおすすめランキング!全部入れると最強です

分厚い児童書って何なの?魔本かよ

ガッシュ最高!ズッカズです。

 

皆さんは小学生くらいの頃、分厚い児童書みたいなのは読みましたか?

ハリーポッターシリーズが最たる例だと思うんですけど、なんか文庫本と比べるとやけにデカイ本。

 

大人でも読み応えバッチリって感じなのに何故か児童書の棚に置いてあることが多かったイメージです。

そういった分厚い児童書って何なんですかね?

あんだけ分厚くする意味あります?

 

結局ハリポタとかも文庫版みたいな感じで小さくなって発売されてるじゃないですか。

 

何がしてぇんだよ、あれ。

 

持ち運びに不便すぎる。

最初から文庫本サイズで出すべきだと思います。

あのサイズの名称

ちょっと調べてみたらハリポタみたいなサイズの本にもちゃんと名前があるらしいです。

その名も「菊判(きくばん)」

ハリポタは若干大きさが違うらしいんですが、ほぼ菊判みたいですね。

 

 

 

なんだよ、菊判って。

菊判のデメリット

せっかく「菊判」という言葉を覚えたので、菊判サイズの本のデメリットを挙げてみようと思います。

特に小学生が感じてしまいそうなデメリットに焦点を当てます。

読みにくい

もう単純に読みにくいと思うんですよね。

本がデカイってことは1ページもデカくなるわけじゃないですか。

 

そうなると目を動かす振り幅も大きくなると思います。

端から端まで読むのが普通にダルいというか、めんどくさそう。

重い

単純にデカイんだから重いですよね。

 

ただでさえ小学生の頃でも教科書やノートがいっぱいだったのに、それに加えて重い本なんてやってられない。

持ち運びだけで疲れてしまうような気がします。

デカイ

そもそもデカイこと自体がデメリットっていう。

 

第一にかさばるし、荷物として普通に邪魔。

文庫本と比べるとカバン内を占領する範囲が広すぎると思います。

逆に良いところあるの?

いくつかデメリットを語ったんですけど、逆にメリットって存在するんですかね

仕方がないので無理矢理考えてみます。

魔本っぽい

まぁタイトルにもある通り魔本っぽいですよね。

 

これを外に持ち出したりなんかして

ズッカズ
ザケルっ!!

みたいな遊びが出来そう。

 

男の子の心をくすぐる大きさだと思います。

最悪、鈍器にもなるので便利

なんか表紙がかっちょいい

菊判の本は表紙がかっちょいいことが多いと思います。

 

ハリーポッター以外にも、僕が持っていた本だと「エラゴン」っていう菊判児童書がかっちょいい表紙でした。

ドラゴンの表紙で一部がキラキラしてるってもう…

最高やん?

 

小学生の男子心にはたまらないと思います。

収集するのにも最適

表紙がかっちょいいので集めるとかなり見栄えがいい感じになります。

 

なんか分厚い本がズラっと並んでるってなると結構壮観なんですよね。

こういった収集癖というか、実物として持っていたい!って人の欲求も叶えてくれると思います。

デメリットがデカすぎる

無理矢理メリットを挙げましたけどやっぱデメリットがデカすぎると思うんですよね。

 

小学生ってなんかムダに荷物が多かったりするじゃないですか。

それを考えるとデカイ本って邪魔だな~って思いますね。

 

菊判は小学生用のサイズではないと思うので今すぐ文庫サイズにして下さい

なんとも着地点が見つからないままなんですが終わりにします。

 

ちなみに僕が読む活字はラノベがメインになってきているので、説得力は皆無だと思います。

 

おわり