マンガアプリのおすすめランキング!全部入れると最強です

曲の感想をブログで書いてください!と頼まれる世界線

どうも、ズッカズです。

 

突然ですけど、「歌ってみた」とか「ネットラップ」とかっていうジャンルをやるに当たって、ミックスとか動画制作って割と必要不可欠な存在だと思うんですよね。

んで、ミックス・動画制作ってもちろん自分でやれちゃう人はやっちゃうんですけど、結構別の人に頼むケースが多い

やり方がわからないってのもあるし、頼んだほうがクオリティが高いって理由がほとんどだと思う。

 

そういう要領で、曲の感想をブログ書いてる人に頼むってのも面白いんじゃねぇ?って何となく思ったのでね。

そんなお話をします。

依頼側のメリット

ある程度の認知度があるブログとかだと読み手も多いわけで、結構な宣伝になると思うんですよね。

動画自体がめちゃくちゃ伸びるかはわからんけど多少は貢献できそう。

 

再生回数が多いと、初見の人でも

再生数多いから良い曲なのかな?

っつって動画を再生してくれる可能性が高くなるんじゃねーかなって。

 

んで、それ以外にも別界隈からの集客が見込めると思うんですよ。

歌ってみた・ネットラップの記事オンリーなブログだと読み手もその界隈にドップリな可能性があるんで微妙ですが、そうじゃないブログ(雑記ブログとか)とかだと全然可能性がある。

○○さんがおすすめしてるから聴いてみよう!

みたいに思ってくれる人も少なからずいると思うんですよね。

 

なので、界隈の盛り上がりに貢献できるんじゃないかなと思いました。

書き手側のメリット

頼まれたからには、ある程度の文字数の記事が必要になってくるので、最低でも2500〜3000字はあった方がいい。

長すぎても飽きられるし、短すぎても読む意味がないんでね。

ちょうどいい長さで最後まで読んでもらえる文章量が必要なわけです。

 

そんくらいの文章とはいえ依頼されて書き上げる形になるので、おそらく料金は発生すると思います。

1つのテーマで3,000字って結構大変だったりするので。

 

んで、依頼側と同様に、歌ってみた・ネットラップという普段とは別の界隈からブログに来てくれる集客も見込めるかなと思います。

なんやかんやで双方のアクセスが伸びる気がしますね。

 

そんな感じで、書き手側は

  • 金銭的メリット
  • 集客的メリット

の2つがあるかなーって感じ。

ここまで考えたけど

まぁ普通に考えてありえないんですよね。

こんな世界線。

 

上のメリットを書いてて無理がありすぎるなと思いました。

書いてて感じた無理ポイントを挙げてみます。

無理ポイント1:書き手について

依頼側は頼んでお金を払うだけなんで特に問題ないと思うんですけど、ネックになるのが書き手側ですね。

 

いくらお金貰って文章を書くとはいえ、歌ってみた・ネットラップに全く精通してない人は多分書けません

もっと言えば、似たような音楽を普段から聞いてないと無理だと思います。

話を広げられないし、どこが良いのかも伝えにくい。

 

例えば、僕が文章を書くとして、

YouTubeでクラシックを演奏してみたので感想書いてください!

って言われても多分1ミリも書けない。

クラシックなんてほとんど聞かないから。

ズッカズ
なんか47秒辺りで聞こえる楽器が綺麗だと思いました。

とかで終わってしまう。

 

そういう点で、書き手がある程度限られちゃうんですね。

無理ポイント2:読まれない

書き手側の固定読者からは読まれる可能性があると思いますが、歌ってみた・ネットラップ界隈からの集客はおそらく無いと思います。

上でメリットとして挙げましたけど、多分無理!

 

リスナー目線で立ったときに、曲についての感想が書いてある記事があっても別に読みたくないんですよ。

ズッカズ
お前の感想なんて知るかよ!

って人がほとんどだし、僕もそう思う。

 

曲が良ければそれでいいし、他人の感想なんてどうでもよくねぇ?って感じ。

無理ポイント3:文章

書き手側はお金を貰っているので、内容もおそらく良いことしか書かないと思います。

そうなってくると文章の内容がクソつまらなくなると思うんですよね。

書きたいことを書けないんで書いてる側もストレスが溜まりそうだし。

 

明らかに音程がおかしい音源なのに

ズッカズ
独特なフロウが心地よかったです

とか書いても誰も共感しないんですよ。

 

まぁつまらないかどうかは書き手の力量にもよるんで、褒めちぎってる文章でも引き込まれる可能性があるかもしれない。

でもなかなか難しいかな~と思いますね。

無理ポイント4:お金

メリットの欄で「料金が発生する」って書きましたけど、まぁまぁな料金になると思います。

3,000字書くと仮定しますが、僕みたいな弱小ブログだと高く見積もっても1,000円程度が限界かなと。

書きたいこと書けない上にこの値段だとやってらんねぇな?って感じですね。

 

依頼側も料金が安いとは言え、弱小ブログだとそこまで集客も見込めないんで完全に無駄金。

かと言ってめちゃくちゃ有名なブロガーに頼んだら10,000円辺りは普通に超える気がします

 

そこまでの熱量があればいいんですけど、僕だったら10,000円で焼肉を食べに行きます

まとめ:誰も得しない

最初は面白いかなって思ったんですけどね、まぁ~そう上手くはいかないですよね。

 

真剣に考えてみると無理なポイントが多すぎて話にならない。

実際僕が頼まれたとしても多分断りますしね。

上の無理ポイントもそうですし、単純にめんどくさい!

 

やっぱ書きたいことを書けないってのは文章を書いてる身からすればしんどいです。

しかも書いたら書いたで依頼主と文章の推敲みたいのも必然的にやる羽目になると思います。

 

う~ん、めんどい!w

 

まぁ「全然知らない人から依頼されたら」って話なんで、友達とか知り合いからだったらかなり気軽に書けるとは思います。

もし知り合いから頼まれることがあればやってみたい感はある。

さすがに3,000字は書けない気がするので、そこは許して欲しいんですけど。

 

あと感想とかだけでどんくらいの文章書けるか未知数なんで、納得の出来る文章になるかも微妙。

マジで頼まれたら少し考えます。

 

まぁそんな感じで僕の妄想は儚く散りましたとさ。ちゃんちゃん。

 

ちなみにこの記事の文字数は2,400字超えくらいです。

感想だけで3,000字は普通に考えてきついでござる。

 

おしまい。