Amazonで購入して最強だと思った商品まとめ!

真空断熱タンブラーをそこまでおすすめしない理由

ズッカズです。

 

真空断熱タンブラーってご存知ですかね。

有名どころだと「THERMOS」っていう会社とかが発売してる銀色のタンブラー。

 

冷たい飲み物は冷たさが維持されるし、熱い飲み物はなかなか冷めにくいっていう結構な優れモノなんすね。

温度がキープされる上に、その温度がコップの外側に伝わらない構造になってるので、いくら熱い飲み物を入れても「熱くて持てない!」なんて事が無いんですよ。

めっちゃ便利。

 

でもね~、僕も実際持ってて買った当初は使いまくってたんですけど、今はほとんど使ってないです。

ってことで、実際使ってみた上でわかる真空断熱タンブラーのメリット・デメリットを紹介してみようかなと思います。

夏場はめっちゃ快適

夏とかの暑い季節だと冷たい飲み物が欲しくなるじゃないですか。

そういうときはめちゃくちゃ快適です。

 

飲み物に氷ぶち込んで、ある程度放置してても氷が残ってたりしますからね。

割と長い時間冷たいままの飲み物を飲めるっていうのはかなり良いです。

夏場のぬるくなった飲み物って割りと不味かったりするのでね。

 

あとはタンブラーが結露しないのもポイントかと思います。

冷たさがタンブラーの外側に伝わらないので、外気との温度差で結露することがありません。

「コップ置いてるだけでテーブルびちゃびちゃ」なんてことが無くなります。

そういった「冷たい飲み物」に関してはマジで便利だと思います。

冬場はそこまで快適じゃない

熱いものも温度がキープされるのでいつでも熱いまま飲めます。

一見、「冷たい飲み物みたいに便利じゃん!」って思うんですけど少し待って欲しい。

 

熱さがキープされたらいつまで経っても飲みにくくないですか?

 

冬場はコーヒーとか飲むときに使うんですけど、いつまで経っても熱いからゴクゴク飲めないんですよ。

アチアチ言いながらチビチビ飲むのが割りと苦痛。

 

コーヒーとかって若干ぬるくなって飲みやすくなるから、個人的には時間経過で冷めて欲しいんですよね。

いや、「熱いままの方がええやんけ!」って人も大勢いると思うんですけど、僕は多少ぬるい方がいいんですよ!

口内をやけどしない程度の暑さでグイっと飲みたい。

 

それができないのが個人的にデメリットだったんですよね。

細かい不満:持ち手

冷たい飲み物はいいんですけど、熱い飲み物の場合ね。

こういう形のタンブラーを買った場合、マグカップみたいな持ち手を使わずに熱い飲み物を飲むっていう行為が違和感でしかないんですよ。

 

冷たい飲み物を飲むポーズなのに口に入ってくるのはアツアツ

ズッカズ
はぁ?

となってしまう。

 

これに関しては僕だけかもしれないので、あまり気にしなくていいと思うんですけど…

気になってる人は安いのを

とりあえずどんなもんか気になってる人は割りと安いやつを買ったほうがいいと思います。

上で挙げた「THERMOS」ってブランドは高品質なだけに値段がまぁまぁ高かったりするので。

 

THERMOSだと

これが一番スタンダードですかね。

 

安いやつだと

これらがいい感じかなーと思います。

大きさも色々あるので探すのもいいかも。

 

僕はTHERMOSも安いのもどっちも買いました。

どっちも大して保冷・保温力の差は感じられなかったので、安いのでも全然問題ないと思います。

まとめ:持ち上げられすぎ

いや、確かに真空断熱タンブラーって便利なんですよ。

普通のコップの不満点を割と解決してくれますし。

 

でもそこまで推される商品かぁ?と思ってしまうんですよね。

もし今、真空断熱タンブラーの購入を迷ってる人はもう1回考えてみてください。

自分が猫舌かどうかを。

 

猫舌の人はおとなしく普通のマグカップを使ったほうが性にあってると思いますよ!

いつまでもアツアツだと満足にコーヒーも飲めないので!

 

そんな感じでした。

 

おしまい