Amazonで買ったよかったオススメ商品紹介!

新旧iPad Proのスペックの違いと特に変わってない機能を挙げてみる

2020年3月に突如としてiPad Proの新モデルが発表されました。

2018年に発売されたホームボタンのないiPad Proのマイナーチェンジとなっています。

 

Apple Storeでは2018年モデルは既に購入できなくなっているんですが、具体的にどのような点が変わったのか。

細かい部分を省いて目ぼしいスペックだけピックアップして書いていこうと思います。

 

また、逆に新旧iPad Proで変わってない部分も挙げてみます

 

iPad Proの2018年モデルと2020年モデルの違いを簡単に知りたい方は参考にしてみてください。

個人的にピックアップした変更点

チップがアップグレード

image:Apple

2020年モデルでは内蔵されているチップが新しくなりました。

2018年モデルではA12Xでしたが、2020年モデルはA12Zというチップですね。

 

グラフィックコアが7コアから8コアに増えたことで、アプリやゲームのパフォーマンスが向上したって感じみたいです。

カメラが高性能に

image:Apple

iPhoneでもカメラの進化が半端ないですが、iPadでもカメラが進化しました。

 

今までは普通の広角カメラでしたが、そこに超広角カメラが加わり、ARがよりリアルに感じられるLiDARスキャナという機能も追加されたって感じ。

iPadのカメラを使いまくっている人ならかなり嬉しいアプデかもしれないですね。

全モデルのRAMが6GB

9TO5Macというサイトによると、iPad Proの全モデルのRAMが6GBになってるみたいです。

ちなみに2018年モデルは1TBが6GBで、それ以外は4GBだったので1TBのみが勝ち組でしたが、その格差が無くなったみたいですね。

 

これは地味に嬉しいアプデかも。

ズッカズ
ワイは512GBを買ってしまい、一番最悪の選択をしてしまった

最小容量が128GBに

2018年モデルのiPad Proは64GBが最小の容量でしたが、2020年モデルでは128GBが最小容量となりました。

それ以降は256GB、512GB、1TBって感じで上がっていくのでどちらも同じ。

 

一番安いモデルでも容量に余裕があるのは嬉しいですね。

逆に変わらない部分を挙げてみる

マジでマイナーチェンジって感じなので、逆にスペックが変わってない部分を挙げてみます。

ディスプレイ関係

iPad Proのディスプレイ関係は特に変わってません

サイズは11インチと12.9インチの2種類あり、どちらもLiquid RetinaディスプレイとTrue Toneを搭載しています。

 

解像度も2,388 x 1,668ピクセル、264ppi(11インチ)なのでほぼ同じ。

ってか、Appleで調べたら全く同じでした。

 

image:Apple

電源、バッテリー

バッテリーも特に変わってません。

インターネットの最大利用時間が9~10時間なので、使用時間が大幅に伸びたってこともないです。

広角カメラとフロントカメラ

2020年モデルには超広角カメラが追加されましたが、普通の広角カメラの性能は2018年モデルと一緒です。

カメラ性能的には超広角カメラがあるかないかが違いになってきます。

 

また、画面の方にあるフロントカメラのスペックも一緒

マジで超広角カメラだけが変更点ですね。

他も大体一緒

変わってない機能の一部を挙げましたが、他の機能も大体同じです。

むしろ変わってる部分の方が少ないまであります。

まとめ:2018年モデルを持ってる人は買わなくてもいいかも

2018年モデルのiPad Proを持っている人はマジで買う必要はない気がしますね。

カメラ機能のアプデはスゴイと思うんですけど、そもそもタブレット端末でカメラを僕はあまり使いません。

別にここをアプデされてもなぁ~って感想が正直あるんで、大して惹かれませんでした。

 

ただ、新たにiPad Proの購入を検討している方は買っちゃってもいいと思います。

値段も2018年モデルより若干安くなってますし、当然ですがスペックも多少上がっているので、購入すれば満足できると思います。

 

勝手な予想ですけど、iPad Proのマイナーチェンジが発表されたので当分はiPad Proの新型は出ない気がします。

持ってない人は今が買い時かもしれませんね。

 

ちなみに、同時に発表されたMagic Keyboardにはかなり惹かれました。

iPadの画面を守りつつキーボードにもなる優れものなんですが、今までとは違ってトラックパッドが付いているんですよね。

しかもキーボード自体もシザー式なので、Macbook Proと同じ形式。

ズッカズ
実質Macbookみたいなもん

このキーボードは結構欲しくなりました。

 

しかもiPad Proだったら2018年モデルにも対応しているみたいなので、僕のiPadでも使えちゃいます。

よりノートPCっぽくなるので、これに関しては気になる人は買っちゃってもいいと思いますね!

 

発売日は5月みたいなので気長に待ちましょう。

 

そんな感じのまとめでした。

iPad Proを新たに購入する人にはオススメですが、2018年モデルから買い替える必要はないって感じですね。

 

そりでは。