年内最後のAmazonサイバーマンデー開催中!おすすめ目玉商品をまとめました!

【若干ネタバレ有り】名探偵コナン 紺青の拳を見てきたので感想を書く!【評価・レビュー】

どうも、ズッカズです。

 

2019年4月12日に公開された「名探偵コナン 紺青の拳」を見てきました!

なんだかんだでここ何年かは毎年コナンの映画を劇場で見てるので今回も行ってきたんですが、

 

普通にオモロかったです

 

ってことで、若干のネタバレも挟みますが感想でも書いていこうと思います。

見た人は感想をワイと共有しような!

 

あ、ちなみに僕はコナンをめちゃくちゃ知ってるって訳でもないので細かいところに間違いがあってもご容赦ください。

完全に印象に残ってるシーンの感想を垂れ流します。

あらすじ

今回の映画のあらすじは

19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる世界最大のブルーサファイア“紺青の拳”の回収を現地の富豪が目論むなか、ホテル「マリーナベイ・サンズ」近郊で殺人事件が発生

現場には、月下の奇術師・怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた。

 

その頃、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦するため、蘭と彼女の親友・園子は現地を訪れる

パスポートを持っていないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。

キッドに従わなければ日本に帰ることすらできないコナンは、メガネや腕時計、服などをすべて奪われ、変装することに

その正体に気付いていない蘭に名前を聞かれ、とっさに“アーサー・ヒライ”と名乗るコナン

 

一方、キッドはある邸宅の地下金庫にブルーサファイアが眠っているという情報を入手。

難なく侵入に成功したと思われたが、そこに400戦無敗の最強の空手家・京極真が立ちはだかる

 

そんな折、不吉な何かを予兆するかのようにシンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が放出

やがて“獅子の国”の煌めきが黒炎に包まれる夜、世界を揺るがす闇の計画と、新時代への鐘の音が鳴り響く……。

って感じのあらすじになってます。

 

長くて読み飛ばした人用に僕がざっくりと解説すると

殺人事件が起こったからキッドとコナンで解決するよ

って内容の映画です。

 

主軸はいつも通りなのでコナンを少しでも知っていれば楽しめると思います。

ズッカズ
ってか楽しめます

「紺青の拳」の良かった点

ってことで早速感想を書いていきます!

犯人とかは書くつもりないですけど、あらすじ以外に書いてあることとかも記載するつもりなので、一応

ネタバレ注意

でよろしくお願いします。

メインストーリーは普通にオモロイ

上でも書いたようにコナン映画のストーリーは普通にオモロイですし楽しめます。

 

よくわからんけど誰かが死んじゃって、それに居合わせたコナンが解決するっていう様式美的な感じですが、それでも面白いんですよね。

いわゆるミステリー的な要素も盛り込まれてるので、「犯人は誰だ?」みたいに考えることもできますし、途中でダレることもなかったです。

 

僕は犯人は誰かなんてほとんど気にしないで見てるんですけど、それでも飽きずに見れました。

園子がかわいすぎ

今作のヒロインが誰なのかっつったら

 

圧倒的なまでの園子

 

になるんですわ。

大体は蘭がヒロインになるんですけど、から紅の和葉的な感じで今回は園子がヒロイン力を爆発させてるわけですね。

 

っていうのも、今作は最強の空手家の京極さんが出てるわけなんで、自動的に園子も出てくるわけですよ。

映画に京極さんが出たらそりゃあ活躍するに決まってるんですが、活躍することで園子も危険な目に合っちゃうんですね。

 

そういった所からストーリー内ですれ違いが起きちゃって、ラブコメ的にもハラハラ展開が続くんですが、

 

最後の二人のシーンがヤバヤバのヤバ

 

でしたわ。

 

ちょっと前までのハラハラなんてぶっ飛ぶ勢いであのシーンは良かったです。

ツイッターとかでも園子の前髪を下ろした画像なんかが回ってきましたが、そのシーンがここになるんですね。

 

京極さんの絆創膏の理由に加え、園子の爆発的な可愛さが合間って

ズッカズ
おっほ〜〜〜〜

と言わざるを得ませんでした。

 

ラブコメ的な描き方がウメェよ。マジで。

蘭のヒロイン力高すぎ

そこまで今回は活躍してない蘭ねーちゃんですが(敵を4人くらいぶっ飛ばしたりはしてる)、やっぱヒロイン力たけぇなって思いました。

 

プールで新一(中身はキッド)と手を繋ぐみたいなシーンがあるんですけど、あそこがラブコメ全開でめっちゃ良かったです。

若干照れながら新一に手を伸ばして「私たち付き合ってるんだし〜」的なセリフを言うんですけど、

 

マジで可愛すぎワロタ

 

って感じでした。

あともう一回くらいあのシーンを見返してぇ。

シンガポールぶっ壊しすぎ

今作の舞台はシンガポールなので実際にもある感じの建物がバンバン出てきます。

そんな建物で殺人事件だったり爆発とかが起こるわけですが、

 

流石にぶっ壊しすぎじゃね?

 

って思いました。

 

シンガポールのシンボルの一つとしてマーライオンがありますが、こいつの口から真っ赤な液体が噴射される描写があるんですね。

破壊はしてないんですけど、流石にちょっと不気味でした。

 

このなんかよくわからんヤツ(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイって言うらしい)も後半ではロケットランチャーで一つ一つぶっ壊されますし、

 

この建物(マリーナベイ・サンズって言うらしい)なんて上の横に伸びてる部分が落っこちますからね(ちなみに落っこちても全員無事)。

もうシンガポールめちゃくちゃですよ。

 

今作はミステリーとか探偵物というよりもアクション・バトルにかなり振っている作品なんじゃねーかと思いました。

ただここまでド派手だと清々しいまであるんで普通にこういうアクションも楽しめます。

京極さん強すぎ

今作の京極さんは悪者的なやつに精神を揺さぶられるシーンがあるんですね。

このミサンガが切れるまでは拳を振るってはいけないよ

的なこと言われてミサンガを身につけたりもします。

 

そのミサンガのせいで園子とギクシャクしたり、窮地に陥っちゃう場面もあるんですけど、そのミサンガが切れるシーンから京極さんの覚醒シーンはめっちゃ良かったですね。

キッドのライバルは一応コナンだと僕は思ってるんですけど、今作は過去の出来事からキッドVS京極さん的な感じで描写される部分が多々ありました。

 

んで、そんなライバル関係の二人なんですが、窮地を救うためにキッドがトランプで京極さんのミサンガを切るんですね。

そっから京極さんがスーパーサイヤ人みたいなオーラを出して、ファルコンパンチ的な攻撃で敵をなぎ倒すんですよ。

 

このライバル同士が助け合う的なシーンとか敵をぶっ飛ばすっていう爽快なシーンは最高でした。マジで。

「紺青の拳」の微妙だった点

個人的に「ん?」ってなった部分も一応書いてみます。

京極さん精神弱すぎ

ミサンガが切れるまで〜の部分も結局キッドが切ってくれたし、「自分が何のために強くなるのか」みたいな理由も出してなかった気がするんですよね。

 

割とベタですけど、「園子さんを守るために!」的な感じで無理やりミサンガ引き千切ったりするのもアリだったかなと思います。

もっと拳で解決する京極さんの描写があっても良かったかなと。

最後の戦闘シーン舐めプすぎ

京極さんと敵との最後の戦闘シーンなんですが、ちょっと舐めプすぎやしないかと思いました。

 

一応最後の相手は空手がめっちゃ強い相手だったんですけど、そんな相手に対して京極さんは園子をおんぶした状態で戦うんですよね。

いくら京極さんが最強とはいえ舐めプが過ぎるのでは?

 

ってか単純に園子を安全な場所に避難させた方が良かったんじゃないかとハラハラしました。

ズッカズ
案の定戦闘中の園子はキャーキャー言ってたし

まとめ:園子ファンは見に行きましょう

今作は上でも書いたように園子のヒロイン力が爆発してるので「京極×園子」カップルが好きな人はマジで見て損はないと思います。

それ目当てじゃなくても普通にコナン映画として面白い作品ではあるのでオススメです!

 

個人的には

  • 少年探偵団の出番が少ない
  • 博士のナゾナゾが秒殺
  • 灰原の出番は少ないのに可愛い

ってのもオススメポイントですかね。

 

誰かに叩かれそうですけど、少年探偵団のメンツはウルセェからあんまり好きじゃないんですよ。

全体的に見やすい映画に仕上がってるなぁと思いました!

 

そんな感じです!

まだ見てない人は是非とも劇場へ!!

 

そりでは。