Amazonで買ってマジで良かったモノまとめ!

【花粉症】鼻詰まりにハッカ油スプレーが結構効く件!ピッタマスクと相性良い!

春が近づいてくると花粉症の人には辛い時期になりますよね。

僕も小学生くらいには花粉症になっていたので、毎年毎年顔面がグッシャグシャ。

特に鼻詰まりは呼吸すらキツくなるのでマジで辛いです。

 

対策方法としてはマスクや薬などがありますが、ハッカ油を使用したことはあるでしょうか?

 

僕も「ハッカの匂い嗅げば鼻がスッキリするのでは?」と思い調べてみると、実際に鼻詰まりに効果があるみたいなんですよね!

ってことで今回は、

  • ハッカ油スプレーの作り方
  • ハッカ油スプレーを実際に使ってみての感想
  • 相性の良いマスク
などをメインに話していこうと思います!

 

肌がかぶれたりする場合もあるみたいなので、使用する際は自己責任でお願いします。

ハッカ油スプレーの作り方

用意するもの:4つだけ

今回僕が作った際に用意したものは

の4つです。

 

ハッカ油はメインとなる材料なので必須。

無水エタノールは無くても良いんですが、精製水とハッカ油を混ぜ合わせやすくしてくれるみたいなので買った方が無難です。

精製水は普通の水道水でも良いんですが、マスクは顔に近いので滅菌されている精製水の方が良いかと思います。

売ってない場合は水道水で大丈夫です。

 

1~3は薬局などで気軽に買えると思うので探してみてください。

アトマイザーは100均でも良いんですが、Amazonの方が個人的にオススメです。

注意:アトマイザーはガラス製にしてください

ハッカ油、無水エタノール、精製水は何でもいいんですが、アトマイザーはガラス製のモノにしてください。

プラスチック製のアトマイザーだとハッカ油がプラスチックを溶かしてしまうみたいなんですよね。

 

溶けたプラスチックが混ざったハッカ油スプレーも危険だと思うので、必ずアトマイザーはガラス製のモノを購入しましょう。

100均だとプラスチック製のモノしか売ってない場合があるので、購入する際はAmazonの方が手軽です。

 

ちなみに僕が購入したアトマイザーがこちら。

もちろんガラス製ですし、キャップではなく本体を回すことで噴射口が出てくるタイプなので、非常に使い勝手が良いです。

液体を入れやすくする漏斗も付いてくるので、これ買えば問題ないかなと思います。

作り方:分量に注意して混ぜるだけ

作り方ですが、大雑把に言うと混ぜるだけで完成です。

ただ、それぞれの液体にも適度な分量がありますので、混ぜる際はそこだけ注意しましょう。

 

ネットで探すと100mlのハッカ油スプレーを作る際の分量しか乗っていませんが、正直そんなに作るのはムダです。

アトマイザーに入るだけ分を作ればよいので、基本的には

  • 無水エタノール1:精製水9
  • ハッカ油10~20滴
くらいの分量で作ればOKです。

 

僕も無水エタノールと精製水を1:9の割合で混ぜて、ハッカ油を10滴以上垂らして作っています。

1:9ってのもかなり目分量でテキトーに作っているんですが、それでも特に問題はなかったです。

 

ただ、体調に関することなのでテキトーに作る際はあくまでも自己責任でお願い致します。

実際に使ってみると鼻詰まり結構効く

ハッカ油スプレーを使用する際は良く振ってから使ってください。

ほっておくと分離してしまい効果を感じられません。

 

んで、僕の使い方は主にマスクに噴射して使っています。

内側でも外側でもどっちでもいいんですが、個人的には内側に噴射した方がスースー感が強いのでオススメ

 

肝心の鼻詰まりへの効果ですが、即効性はあまりないです。

ただ、鼻が詰まった状態でハッカ油スプレーを使ったマスクを着けていると、気付いたら鼻が割と通っていました

 

すぐに鼻の通りが良くなるわけではありませんが、僕の場合はしっかりと効果を感じられましたね。

 

鼻詰まり以外にも、ハッカ油のおかげで結構頭がスッキリするので、普通に使う分にもオススメできるかなと思います。

夏場にも割と便利

暑い日にマスクをしないといけない場合、かなり蒸れるのでマスクがしんどいんですが、ハッカ油スプレーをシュッシュするとスースーして気持ちよくなります。

 

ただ、熱中症対策には全くならないし、顔周りの汗は普通に噴き出してくるので注意してくださいね。

あくまでも体感的に気持ち良くなる程度です。

 

個人的にはそれでも全然快適になるのでオススメなんですが、あくまでも一時しのぎなので過信しないようにしましょう。

ハッカ油スプレーにはピッタマスクがオススメ!

僕が日ごろから推している「ピッタマスク」なんですが、ハッカ油スプレーと相性がメチャクチャ良いです。

 

っていうのも、ピッタマスクって普通のマスクよりも呼吸がかなりしやすいので、息が目の方に来ることが無いんですよね。

そのおかげでハッカ油スプレーのスースー感をしっかりと呼吸で感じることが出来ます。

 

普通のマスクでも良いんですけど、呼吸した際に息が目の方に来ちゃうので、ハッカ油のスースー感が目に沁みます。

これが地味にしんどいので、もしピッタマスクを愛用している方はハッカ油スプレーも使ってみてください。

 

まとめ:ピッタマスクとハッカ油で花粉を乗り切ろう

まとめると、

  • ハッカ油、無水エタノール、精製水、アトマイザーを用意
  • アトマイザーはガラス製
  • 無水エタノールと精製水は1:9でハッカ油は10滴以上垂らす
  • 良く振ってからマスクに噴射
  • マスクはピッタマスクがおすすめ
って感じです。

 

点鼻薬や飲み薬などと併用した上でハッカ油を使うと結構な効果を発揮してくれると思います。

僕の場合は割と効果を感じることが出来たので、もし試したことが無かったって人は是非とも真似してみてください!

 

使う材料も割と安価で手に入るので、手軽に作れちゃうのも魅力ですね。

 

上でも書いたように、マスクに噴射する場合はピッタマスクが非常にオススメなので是非。

特に眼鏡ユーザーはかなりの恩恵を感じることが出来ると思います!

 

そんな感じのハッカ油スプレー紹介でした!

そりでは。