MENU

ズッカズ

 

アニメ、マンガ、ゲーム好きのオタク。
趣味をメインに雑多な記事を配信中。

最近の趣味は筋トレです。お願いマッスル。

初めてこのブログに来てくれた方はこちら!▼
「ズッカズの森」を初めて訪れた人のための10記事

 

加熱式たばこブログ「ズカモク」

アーカイブ

11月26日から開催!Amazonブラックフライデーのおすすめ商品まとめ

【Appel Watch Series 7 レビュー】シリーズ4からの買い替え!あると便利なiPhoneのお供

どうも、ズッカズです。

Apple Watchのシリーズ7が発売されたってことで、現状に不満はなかったんですが買い替えてしまいました。

いきなり結論から言いますと、大きく変わった点はないものの、かなり満足できる新型だったなという感じです。

この記事ではApple Watch シリーズ7の評価や感想と選んだスペックの詳細や理由について書いていきます。

現在Apple Watchの購入を検討している人や、ちょっとだけ気になっているって人はさんこうにしみてください!

iPhoneユーザーなら結構満足できるデバイスなのは間違いないです。

まずは開封の儀:相変わらず化粧箱からおしゃれ

簡単に内容物の紹介とかもしていきます。

今回僕はナイキモデルを購入したのですが、化粧箱からナイキと一目で分かるデザインになってました。

やはりApple製品の化粧箱はシンプルかつおしゃれ。

本体が入っている箱には本体の他に充電ケーブルが同梱されています。

ACアダプタは付属していないので、持っていない方は別途購入が必要ですね。

ケーブルはUSB Type-Cになっているので、Type-C対応のACアダプタを購入しましょう。

こちらはベルトが入っている箱です。

スポーツループにしたんですが、ナイキのロゴが良い感じで結構気に入っています。

購入したApple Watchのスペック詳細

僕が購入したスペックもザっと紹介します。

名称Apple Watch Series7 Nike
ケースの素材アルミニウム
ケースの色スターライト
バンドの種類スポーツループ
ケースのサイズ45mm
ネットワークGPSモデル

以上が購入したスペックです。

このスペックだと52,800円(税込)なので、スペックとしては一番安いかなと思います。

一応どうしてこのスペックにしたかの理由もあるので、それぞれ解説します。

サイズを45mmにした理由:大きい方が使いやすい

ケースのサイズは41mmと45mmから選べたので45mmにしました。

シリーズ4でも44mmを使っていましたし、同じサイズ感にしたかったのでコチラを選択。

44mmのときでもちょっと操作しづらいなって思うときがあったので、個人的には大きいサイズ一択でした。

ケースが大きいと単純に操作がしやすくなりますし、シリーズ7特有の画面の大きさを体感したかったのも理由の1つですね。

ケースの色とバンドの種類:ここに関しては完全に好み

ケースの色とバンドの種類は好みで選んじゃっていいと思います。

ケースの色に関しては、僕はスターライトが一番カッチョ良く見えたのでこの色にしました。

シリーズ4ではシルバーだったので若干色合いが似ているのですが、それでも少し金色っぽい色はお気に入りです。

バンドは筋トレ時に使用することを考慮してスポーツループにしました。

以前使っていたスポーツバンドも良かったのですが、スポーツループの方が僕の生活習慣に合っていたんですよね。

スポーツループの良かった点は後ほど書いていきます。

GPSモデルにした理由:セルラーモデルを使う場面が今までなかった

シリーズ4でもGPSモデルを使っていたんですが、Apple Watchに関しては「セルラーにしておけば…」と後悔したシーンがこの2年間で一度もなかったです。

Apple Watchを装着するのはほぼほぼ外出時。

外出時には必ずiPhoneもセットで持ち歩いているので、セルラーモデルにする必要がないんですよね。

実際セルラーモデルの方が便利なのかもしれませんが、2年間で後悔したシーンがないため、普通のGPSモデルにしました。

アルミニウムケースにした理由:軽いから運動時に最適

僕がApple Watchをガッツリ活用するのは筋トレ時なので、スポーツ時は軽い時計の方がいいかなと思ってアルミニウムにしました。

チタンなどにして重くなるよりも運動時の快適さを優先したって感じです。

あと、そもそもGPSモデルってアルミニウムケースでしか売ってないんですよね。

GPSモデルを買おうと決めていたので、自動的にアルミニウムしか選択肢が無いって面もあります。

結果的に僕はアルミニウムがマッチしていると思ったので不満は全くないですね。

ただ、チタンとかの方が見た目や質感がカッコいいのは事実なので、GPSモデルに拘りがない人はケースの見た目で選ぶのもアリだと思います。

Series 4からSeries 7に変えてみた感想(レビュー)

正直あんま変わらん

いきなりこんな感想で恐縮ですが、基本的にはあまり変わらないです。

見た目的な変化もほとんどないですし、機能的にもシリーズ4でかなり満足できていたので、大きな感動はありませんでした。

逆に言えば、シリーズ4でかなり完成されているってことなので、まだまだ十分戦えたスマートウォッチだったなと思いましたね。

常時表示機能はかなり便利

これはシリーズ7だからってわけではないんですが、シリーズ4には無い機能だったので紹介します。

とりあえず常時表示機能がめちゃくちゃ便利でした。

シリーズ4は手首を自分の方に向けないと時計が表示されなかったのですが、シリーズ7にしたら常に画面が点灯していてくれます。

チラっと目を落とすだけで時間を確認できるので、常時表示機能で時計としての役割が完遂できてるなって感じですね。

常時表示していると若干バッテリーの減りが早いんですが、1日は持ってくれるので個人的には許容範囲。

僕はワークアウトアプリをよく使うんですがそれも常時表示してくれるので、この機能はシリーズ7にして満足しているポイントです。

自転車に乗っているだけでもワークアウトが自動で立ち上がる

シリーズ4でも長時間歩いていると「もしかしてウォーキング中?良ければワークアウトアプリで記録するで」という通知が来ていました。

シリーズ7でももちろんある機能なんですが、その通知機能が自転車にも対応しているのは感動しました。

毎日、通勤のため最寄り駅まで自転車をこいでいるのですが、3分くらい乗っていると「もしかしてチャリ乗ってる?記録するで」と通知が来るんですよね。

どうせならしっかりとワークアウトとして記録した方がお得な気がするので、ついついタップしちゃいます。

ワークアウトの精度が上がっているのもシリーズ7に変更して良かった点です。

運動をするならスポーツループが最強かも

今回、バンドをスポーツバンドからスポーツループに変更したんですが、これは変更して正解だったなと思いました。

僕は筋トレ時にApple Watchのワークアウトを起動しているのですが、何度か手首からApple Watchを移動させる時があるんですよね。

リストラップやパワーグリップといった筋トレ時に使うギアは手首に装着するので、この時にApple Watchを腕の方に移動させます。

この移動がスポーツバンドだとちょっとめんどくさかったのですが、スポーツループだと一瞬でできるのがかなり快適

しかも締め付けも力加減次第なので、かなり腕にフィットしてくれました。

デザインも気に入っているんですが、僕の生活習慣的には機能面で大活躍してくれています。

まとめ:シリーズ5移行を使っている人は買わなくてもいいかも

僕はシリーズ4で少し古かったため買い換えましたが、正直別に買い替えなくても問題はありませんでした。

特に壊れてもいませんでしたし、まだまだ余裕で使えたと思います。

ただ、シリーズ4にはなかった常時表示機能や血中酸素濃度を計測できる機能が追加されているので、後悔もしていません。

なんだかんだでガジェット系は新しいものを買うとテンションが上がるので、結果的には買ってよかったなと思います。

強くおすすめできる要素が少ないシリーズ7ですが、何となく買い替えたいな~って人には最適かなと思いました。

逆に、今までApple Watchを持っていないiPhoneユーザーには非常におすすめできる腕時計ですね。

「無くても困らないけどあると便利」ってのがApple Watchの醍醐味だと思っているので、日常を少しだけ快適にしたい方は買ってみてください!

そりでは。

こっちもおすすめ