マンガアプリのおすすめランキング!全部入れると最強です

ブログが飽きたりつまらなくなったらブログ論を捨てて気ままに書くのがいいと思います

どうも、ズッカズです。

 

ブログを続けてると「全然アクセス伸びないなぁ~」とか「収益が全然ないなぁ~」みたいな悩みに直面すると思います。

そういうときは大体ネットで検索して、どうやったらアクセスや収益が伸びるのかを調べると思うんですけど、

 

実際ダルくね?それ

 

僕の場合はブログを趣味の一環として楽しむために始めたので、もうマジでブログ論とか読むと萎えるんですわ。

一つの記事を書くにしても色んなことに気をつけて書かないといけなかったり、そもそもテーマとかタイトルもしっかりと決めないといけないとかね。

 

いやもうめんどくせぇわ。

 

たしかにアクセスとか収益は多いに越したことはないけど、自分のブログなのにルールでガチガチに縛られるのって意味不明だと思います。

楽しくブログを続けるんだったら「ブログ論(ノウハウとかコツとか)」はとりあえずスルーで書くのもいいと思いますね。

調べることはする

まぁ上で「ブログ論なんぞスルーだ!」とか言っておきながら、実際には色々調べたりはしてます

ズッカズ
やっぱアクセスとか増やしてーもん!!

でもその調べたことを100%実践してるかってなるとそうでもないんですよね。

調べれば調べるほど沼にハマるしキリがない。

 

しかもやることも結構大変だったりするんで普通にめんどくささが勝っちゃうんですよ。

 

いやなんかちげーじゃん!

オレが求めてたものってそういうんじゃねーじゃん!

追求しすぎてブログやめたら本末転倒

今でも何回かあるんですけど、ブログ論とかの記事をずっと読んでるとやる気が削がれるんですよね。

 

いや僕だけかもしれないんですけど、「日記みたいな記事はダメです」とか「こういうタイトルのつけ方はダメです」みたいなことばっか書いてあるんで、そういった感じの記事が多い自分のブログを否定されてる気分になるんですよ。

 

なんで顔もしらねぇやつに否定されないといけないのか。

マジでうるせぇって思ってしまいますわ。

ブログって自分の部屋だろ

そもそも個人のブログって自分の部屋みたいなもんじゃないですか。

好きなようにカスタマイズして、好きなこと書いて、ある種の自己満足みたいなもんですわ。

 

その自分の部屋を誰かに「ここはこうしろ、ああしろ」って指図されるのって冷静に考えてウザくねぇ?

オレの部屋を荒らすんじゃねーよと思ってしまう。

ズッカズ
ルールとして決めたのは自分だから実際は誰も指図してないし荒らしてもいないんだけど

 

自由に出来る空間のはずなのに、自分で決めてないルールに縛られるのはブログがつまらなくなってしまう原因にも繋がると思いますね。

あくまでも参考に

誰かが発したルールを取り入れるかは結局のところ自分次第なので、だるかったらルールとして取り入れなきゃいいわけです。

 

ただ、全くルールを取り入れないとなると自分の部屋が閑散とする(ブログが読まれない)自体に陥るのもまた事実。

ならどうすればいいかっつーと、ルールとして設定せずに参考程度に留めるのがいいのかなと思います。

ズッカズ
誰かが「10」やってるブログ論を「6」とか「7」程度に抑えるみたいな

ガッツリとはいかないまでも今よりは数字がアップする、くらいの目標が精神衛生上でも良い気がしますね。

目的が明確な人はブログ論を大事に

僕は完全に趣味としてブログを書いてて、ついでにお小遣い的な収益もあればいいな~って考えてるんですけど、そうじゃなくて

  • ブログでめちゃくちゃ有名になりたい
  • 仕事やめてブログだけで稼ぎたい

みたいな目標がある人はブログ論を読むのは大事だと思います。

 

ブログ論的な記事を書いてる人はそもそもブログの成功者な場合が多いので、そういった人たちの記事はマジで参考になりますからね。

アクセスを伸ばすことに注目するならブログ論、大事です。

まとめ:好きなようにやればいいと思います

投げっぱなしなまとめですけど、自分がブログを苦痛に感じなければ何やってもいいと思います

ブログ論を読み漁ってもいいし、全く参考にしなくてもいいし。

 

僕の場合は楽しんで続けたいので、ブログ論とかはほどほどに参考にしたいなって感じですね。

アクセスとか収益を伸ばしたいのは事実なんで、やっぱね、参考にはしちゃいますよ。

実践するかは置いておいて普通にブログのノウハウとか読んじゃうし。

めっちゃ参考にしてます、パイセン方。

 

ブログ始めて1年も経ってないペーペーの意見なのであんまり真に受けないでね。

と予防線を張っておきます。

 

そんな感じでした。

 

おわり!