初めてズッカズの森に来てくれた人へのオススメ10記事!

【若干ネタバレ有り】オクトパストラベラー実質全クリ!面白すぎるRPGだった!【評価・感想】

ズッカズです。

 

オクトパストラベラー(以下オクトラ)の記事を何回か書きましたが、とりあえずこれで終わりになりそうです。

プレイ時間80時間くらいで“実質”クリアしました!(ワー!パチパチ

個人的に最高だったポイントや感想でもつらつら書こうと思います。

一言で言えば神ゲーでした。

ドット絵ってやっぱ最高だなって

懐古厨みたいで嫌なんですけど、ドット絵が最高すぎました。

 

最近はめちゃくちゃ綺麗な3Dが主流になりつつありますが、子どもの頃主流だったドットに触れられるっていうのはある意味懐かしさを感じられるんですよね。

懐かしいのに街やフィールドがめちゃくちゃ作りこまれてて、古臭さを感じないんですよ。

細かいところの動き(Live 2Dとか)は今じゃなきゃ実現できてないだろうし。

 

ゼルダの伝説 BotW、マリオ オデッセイと同じくらい歩いてるだけで楽しいゲームでした。

敵(特にボス)のドットなんか最高すぎた。めちゃくちゃ凝ってる。

BGMがヤバすぎた

これ、何回も言ってますけどもう一度言わせてください。

 

BGMが神

 

正直ハズレのBGMないんじゃね?ってレベルでよかったです。

 

どのシーンにもめちゃくちゃマッチしてて聞いてて飽きない。

オクトラをあんまやる気になれない人はBGMだけでも聴いて欲しいですね。

そこから興味持ってプレイしたくなったらもう最高。

 

BotWのサントラもそうだったんですけど、曲を聴くだけで情景が浮かぶのがマジで良いBGMの証拠だなって思ってます。

戦闘は結構頭を使うので楽しい

雑魚戦は基本的に脳筋でも倒せますが、ボスに関しては割と戦略的で楽しかったです。

  • 「こいつが全然使えないからキャラ変えよう」とか
  • 「このボスは魔法ばっか打つからこうしよう」とか

バトルジョブによって戦略の幅が広がるのと、ジョブの重複不可っていう制限のおかげでパーティー編成もかなり楽しめましたしね。

敵ごとに戦術を変えられる面白さっていうのを改めて気付きました。

 

個人的に好きな戦術が、魔法ばっか撃ってくる敵に対して

  • 踊子の奥義で神官の技を全体化
  • 神官が反射のヴェールを発動
  • 味方全員にヴェールが付与され魔法は0ダメ
  • 敵の攻撃が全部跳ね返る

っていうやつ。

こういう裏技みたいなのがあるのも醍醐味ですよね。楽しい。

ストーリーは裏ボスまでやると鳥肌が立つ

全8キャラでストーリーは4章ずつっていう構成で、全員の1章終わってから2章…みたいな攻略の仕方を想定してるんだと思います。

「このキャラだけ進めたい!」ってやり方は難しいですが、全ストーリーが面白いのでダルいって感じることは全くなかったです。

 

よく耳にするのが「各キャラの繋がりが薄い」って意見ですが、「裏ボスまでやったか?」と問いたい。

 

4章をプレイすると他のキャラのストーリーでも聞いた名前がチラホラ出てきたりしますが、裏ボスまで進めると全ストーリーが1つに繋がっていたことがわかるんですよ。

マジでヤバすぎると思いました。

めちゃくちゃ鳥肌が立つほどの伏線回収、「あのシーンまで繋がってたのか!」という感動。

 

オクトラ半端ないって!アイツ半端ないって!

そんなん出来ひんやん、普通!

 

ただ、裏ボスまでのサブストーリーがノーヒントなので、ここまで辿り着けない人もいるじゃないかと思います。

4章で終わっちゃう人と裏ボスまでやる人の評価がかなり変わると思うので、こんな構成にしたスクエニはすげぇなと思います。

探索の自由度が半端ない

ストーリー上「まだ行けないよ」って場所はありますが、レベル10でもレベル50のエリアに行こうと思えばいけます

 

これが結構大事で、プレイヤーの好きなように動かせるってストレスがないじゃないですか。

序盤から強武器を手に入れてサクサク進めるみたいなこともできますしね。

「リセットして最初からやる」ってなっても違う探索方法で楽しめると思います。

フィールドはもちろん、NPCも作りこまれてる

街の数が合計24個もあるのですが、どの街もみんな違ってみんな良い!

その土地ごとに意味のある建造物や伝承などが多々ありますし、ワクワク感がすごかった。

 

地味にすごいなと思ったのがNPC全員に小さなストーリーがあること。

探索スキルの「探る」「聞き出す」でそのNPCの詳細が見れるのですが、ちょっとした物語があるんですよね。

「いや、こんな細かいとこまで作ったの!?」って思っちゃうくらいの量です。

全く本筋には関係ないのにここまで作りこむとは…

本気度が伝わってきてスゲー良かったです。

 

また、「盗む」「買い取る」スキルのおかげでどんなNPCにも話しかけたくなるのもポイント。

「ここまでNPCに話しかけることある?」ってくらい話しかけました。

それこそ、そこらへんの村人から野良犬まで。

やってても全然苦にならない辺り、巧いなぁと思いますね。

個人的な不満な点もあるっちゃある

パーティーチャットがシビアすぎる

パーティーチャットっていう各キャラが会話するイベントがあるんですが、発生条件がシビアすぎました。

例えばですが、

  • サイラスの第2章
  • サイラス、プリムロゼ、オルベリクがパーティーいる
  • 酒場に入る

みたいな条件を満たさないと発生しません。

 

このためだけにいちいちパーティー編成を変えるのがダルくてカンペキには見れてないです。

ちょっとこれは不親切かなと思います。

それなのにそのパーティーチャットが地味に面白いんですよね。

もっとわかりやすくしてくれよ~

サブストーリーが地味に難しい

裏ボスに行くためのサブストーリーはもちろん、他のサブストーリーも基本的にノーヒントなのでクリアするのが地味に大変です。

 

コレのおかげで全クリはできてません。マジで大変。っつかめんどい

クリアして貰えるのは、お金とちょっとしたアイテムなので問題ないんですが、フルコン目指す人は結構時間かかると思います。

もうちょっとヒントくれてもいいじゃん

総括 神ゲー

今はクリアした余韻に浸ってますが、忘れた頃にもう一度やってもめちゃくちゃ楽しめる作品だと思います。

それくらい良かった。

 

人がどこでワクワクして楽しめるのかを分かってるし、実際に楽しめるんだからすごい。

濃密なRPGやりたい人にはマジでオススメします。

昔のゲームは良かった…と嘆く人も一度やってみてください。

 

よっぽどのゲームが出ない限り、“ズッカズが選ぶ2018年ベスト オブ ザ ゲーム”のトップに君臨すると思います。

 

まぁそんなランク付けやったことないんですけど。

 

ってことでオクトラ、マジで面白いよ!

そりでは。