Amazonで買ってよかった商品をまとめました!

【Newポケモンスナップ 評価と感想】ポケモンの生態は非常に面白いけど微妙な部分もある良ゲー

Newポケモンスナップの評価と感想

どうも、ズッカズ(@zukkazu_no_mori )です。

 

2021年4月末に発売された「Newポケモンスナップ」ですが、とりあえずストーリーを1周クリアしてみました。

ポケモンスナップはポケモンの写真を撮りまくることが大前提なのでストーリーはおまけみたいなモンですが、ゲーム自体はある程度楽しめたと思います。

エンドクレジット

エンドクレジット

発売してから間もないということもあり、

  •  Newポケモンスナップって実際のところ面白いの?
  •  どんな感じなのか感想を知りたい
  •  少し気になるからゲーム内容をちょっと知りたい
って方も多いと思うので、今回はストーリーを1周クリアした僕がNewポケモンスナップの感想を書いていこうと思います。

 

購入を迷っている方やゲーム内容が気になるという方は参考にしてみてください!

 

簡単に感想をまとめると、ポケモンたちのリアルな生態を垣間見ることができるので、初見のインパクトはマジで最高です。

ただ、ポケモンがどれくらい好きかによってのめり込み具合は変わってくるかなと思います。

Newポケモンスナップの概要

NEWポケモンスナップ

今回発売された「Newポケモンスナップ」は前身となるゲームがニンテンドー64から発売されていました。

初代ポケモンスナップの続編がついにニンテンドースイッチで発売されたというわけですね。

 

ゲーム内容は知っている方も多いと思いますが、ひたすらにポケモンをカメラに収めるだけ

 

決められたルートを自動で徘徊し、ベストなタイミングだ!と思った瞬間にシャッターを押します。

その写真を博士に見せて評価してもらう、ってのが基本的なゲーム内容です。

NEWポケモンスナップにおける博士の評価

普通のポケモンとは違ってポケモンの生態や生活にスポットを当てたゲームなので、ポケモン好きにはたまらない瞬間をたくさん拝めるのが醍醐味となっています。

Newポケモンスナップを遊んでいて良かった、楽しかった部分

さて、ゲームの内容もそこそこに、僕が遊んでいて思った感想などを書いていこうと思います。

まずは良かった部分から。

グラフィック向上に伴い、ポケモンの生態がリアルかつダイナミック

NEWポケモンスナップのフィールド

64のころのポケモンスナップと比較するとグラフィックに関しては雲泥の差

今の時代だからこそポケモンたちの生態がリアルに表現されています。

 

ゲームを遊ぶと分かるんですが、マジでどこかにポケモンはいるんじゃないかと錯覚するレベルでポケモンが生きているんですよね。

 

画面内で生きているんですよ、ポケモンが。

 

ポケモン剣盾の時点でもかなり生きている感の強いゲームになりましたが、それとは比べ物にならないくらい自然にポケモンたちが動いています。

普段は見れないポケモンたちの生態を見ることができるので、マジで好きな人にはたまらないゲームになっていますね。

 

ポケモンももちろんですが、ステージや背景も非常にリアルになっているのも魅力の1つ

NEWポケモンスナップの背景グラフィック

背景もきれいになったおかげで、ポケモンたちのリアル感がより一層増していると感じました。

この感動はポケモンスナップならではだと思います。

撮影した写真を編集できる機能は単純にありがたい

ゲーム内の博士の評価には関係なくなるんですが、撮影した写真を編集したりして楽しめる機能は割と良い感じでした。

 

まずは「エクストラ撮影」という機能。

画像

例えば中央に配置して撮影したかったのに上にブレて撮影してしまった場合、編集によってカメラのセンターを変更することができます。

撮影した写真をSNSなどにアップする人も多いと思うので、より完璧な写真を披露できるのは便利だなと思いました。

 

また、スタンプやフレームなども付け加えることができるので、よりインパクトのある写真も作成可能。

NEWポケモンスナップの加工機能

僕はこういうのが苦手なのでクッソ下手なのですが、こういった写真はゲーム内でオンライン上にアップすることもできます。

NEWポケモンスナップはオンラインに写真をアップできる

どの写真にどれだけイイネが来ているか、みたいなのも確認できるので、他の人の映えまくっている写真を見れるのも評価できますね。

同じステージでも昼と夜があるため、ポケモンたちの別の顔を楽しめる

NEWポケモンスナップの昼と夜

今作のいくつかのステージには昼と夜があり、昼夜で出てくるポケモンやポケモンの行動が変わってきます。

 

例えば、昼では活動していたポケモンが夜だと寝ている、みたいな。

NEWポケモンスナップ昼

NEWポケモンスナップ夜

この昼夜システムが予想以上に楽しくて、同じステージなのに撮影できるポケモンがガラっと変わるのが非常に新鮮

良かった点でも紹介した「ポケモンたちの生態のリアルさ」を垣間見える一因でもあるので、より一層楽しむことができます。

 

昼でしかしない行動、夜でしかしない行動を見比べたりするのも醍醐味の1つですね。

「動画で良くね?」と思ったが、最高の一枚を撮影できると「写真最高!」ってなる

64からグラフィックが進化しすぎているので、「これ、写真より動画の方が映えるんじゃね?」と思った瞬間もあったんですが、最高の一枚が撮れるとやっぱ写真だなってなります。

NEWポケモンスナップ ベストショット

難しい写真を撮影できたときの達成感はハンパないですし、動画では味わえない一瞬を収められた時の感動は凄まじいです。

島の調査が目的なんだから動画の方がええやんってツッコミもわかるんですが、それじゃヌルゲー過ぎてしまいますからね。

逆にNewポケモンスナップでの微妙、不満な部分

逆に遊んでいて不満に感じた部分を書いていきます。

ボス戦(ボス撮影)でもあるイルミナポケモンのステージが全体的につまらないしめんどくさい

Newポケモンスナップでは「イルミナポケモン」と呼ばれる体が発光しているポケモンが出てきます。

NEWポケモンスナップのイルミナポケモン

このイルミナポケモンは合計で6体おり、イルミナポケモンを撮影することで新ステージが出るというボス戦のような立ち位置になっているんですね。

 

このシステムは別にいいんですが、イルミナポケモンの撮影がマジでめんどくさいのが難点

 

最初のボスであるメガニウムはまだいいです。

歩いているだけなのでつまらないですが、非常に撮影が簡単。

 

それ以降のイルミナポケモンの撮影がマジでめんどくさいし難しいのがどうかと思います。

 

個人的に最悪だったのがウルガモスの撮影

NEWポケモンスナップ ウルガモス

イルミナポケモンには「イルミナオーブ」と呼ばれるアイテムをぶつけて、発光させてから撮影しなくてはいけません。

発光させていない状態で撮影しても評価にならないのでオーブをぶつけるのは必須なんですが、ウルガモスは炎をまとっていてオーブをぶつけられないんですよね。

 

じゃあどうするのかって言うと、ゲーム内のリンゴを2、3回ほどぶつけて炎を剥がし、それからオーブをぶつけて発光させなければいけません。

この無駄なシューティングゲーム要素がマジで鬱陶しくて、リンゴとオーブをぶつけるのが非常に難しい

 

ウルガモスが動きまくるのはもちろん、リンゴは投げると放物線を描いて落ちていくため、ある程度偏差撃ちを意識しないといけないのがクッソ難しい

オーブも偏差撃ちを意識しなければならない上に、リンゴとは違った軌道で落ちるので、軌道修正してぶつけなければいけません。

 

こっちはただポケモンを撮影したいだけなのに、よくわからんシューティングゲーム要素はマジでいらないなと思いました。

単純にストレスしかたまりません。

 

イルミナポケモンの1体であるハガネールも非常にダルかったんですが、長くなるので割愛します。

リクエスト機能はあってもいいけど撮影中にも確認させて欲しい

今作には「リクエスト」という機能があり、ゲーム内のキャラクターが「こういう写真見てみたいんだけど~?」というお願いを叶えるシステムがあります。

NEWポケモンスナップ リクエスト

リクエストを叶えることで写真に使えるフレームやらスタンプが増えていくんですが、リクエストの確認がステージ上でできないのが難点

かなりの量のリクエストがあるため1つ1つ確認しながら写真撮影をしたいんですが、リクエストが見れるのはステージに出る前のベースキャンプのみ。

 

つまり、リクエスト内容をある程度暗記、もしくはメモしてから撮影しないといけません。

 

こんなことに脳みそのリソースを割きたくないので、いつでもリクエストは確認できるようにして欲しかったですね。

ポケモンが進化してくれない

64のポケモンスナップでは「リザードをマグマに落とすことでリザードンに進化する」みたいな進化ギミックがあったのですが、今作では撤廃されてしまいました

撤廃された理由は不明ですが、個人的には64の進化ギミックが非常に好きだったので少し残念ですね。

 

今作ではうずしおからコイキングが飛び出したり、いろんなステージでコイキングを見かけることが多いのでギャラドスに進化するのかと思っていたのですが…

 

ちなみに、今作のリンゴは名前が「ふわりんご」という名前になっており、「ふわふわで当たっても痛くないリンゴ」とゲーム内でわざわざ説明されていました。

昨今は細かいことに口を出してくる人が多いので、進化ギミック撤廃もそういった奴らに配慮した結果なのかもしれませんね。

まとめ:制限下での周回を苦痛と感じるか否かが購入の決め手

NEWポケモンスナップ フライゴン

不満点も上げましたが個人的には結構楽しめるゲームでした。

ストーリーを1周クリアしただけなのでまだまだやり込める要素が多いのも魅力ですね。

 

レビューとかでは「同じステージを周回するだけでつまらない」「自由に歩き回らせて欲しい」といった意見を見かけるんですが、そういう制限があってこそのポケモンスナップですからね。

 

同じステージを何度も周回して最高の一枚を撮影するのが目的ですし、最高の一枚を撮影するために自由に歩き回れたら超ヌルゲーになると思います。

制限がある中で楽しむのが醍醐味なので、ここに関しては受け入れてもらいたいですね。

 

もし、ルートに制限があって同じ場所の周回が苦痛と感じる場合は、ポケモンスナップを買ってもすぐに飽きてしまう可能性が高いです。

ゲームの根幹部分が自分に合うか合わないかが購入のポイントかなと思います。

ズッカズ
レビューを見てみると、今作がポケモンスナップ初プレイの人は合わない人が多いイメージ

逆に64版遊んでた人はめっちゃ楽しんでるイメージがあります

ただ、リンゴやオーブをぶつけるシューティングゲーム要素はマジでストレスがたまるので、これだけは何とかして欲しいです。

特にウルガモスとハガネールはマジで腹が立ちました。嫌いです。

 

あとめちゃくちゃ個人的な理由なんですが、バクフーンとメガニウムは出てくるのにオーダイルが出てこないのが納得できません

僕はオーダイルが一番好きです。

 

そんな感じの感想でした!

ニンテンドーカタログチケットでも買えるゲームですので、気になった方はぜひ!

そりでは!