Amazonで購入して最強だと思った商品まとめ!

タバコ関連の記事でアドセンスのポリシー違反が起きたときの対処方法

どうも、ズッカズです。

 

僕のブログは雑記ブログなので色んな記事を書いてるんですけど、その中の一つにタバコ関連の記事がいくつかあります

 

んで、実はタバコ関連の記事はGoogle先生があんまり推奨していなくて、クリック型広告のアドセンスの違反対象になっちゃう場合があるんすね。

僕も何度かポリシー違反を食らって、記事の修正をするか削除してくれって警告を受けちゃいました。

 

そういったポリシー違反を食らったタバコ関連の記事を削除せずに対処する方法を書こうと思います!

ポリシー違反で困ってる人は参考にどうぞ。

商品リンクを削除する

タバコ関連の記事で商品リンクを貼っていると高確率でポリシー違反になります。

 

例えば僕のヴェポライザーの記事では、Amazonで売っているヴェポライザーのリンクを貼ってたんですけど、ある日ポリシー違反の警告が来ました。

対処方法としては、諦めてAmazonなどの商品リンクを削除しましょう

リンクを削除すればほぼほぼポリシー違反は解除されます。

 

また電子タバコとかの本体に限らず、アクセサリー関連もポリシー違反になるっぽいです。

 

僕の場合は「【ヴェポライザー】スペーサーが超便利だからマジで楽だよって話」って記事でヴェポライザーで使用するスペーサーってやつの商品リンクを貼ってました

ズッカズ
タバコ本体じゃないし大丈夫だろ~

って思ってたんですが、気付いたらポリシー違反の通知が来てアボン。

 

タバコ関連の記事は商品リンクを貼らないほうがいいと思います。

「おすすめ!」みたいなワードを消す

喫煙を助長するような表現を控えて欲しいのか、「おすすめ!」みたいなことを書くとポリシー違反を食らったりします。

 

これに関しては違反を食らわない場合もあるので何とも言えないんですが、使わないほうが良い気がしますね。

「おすすめ!」の代わりに「いい感じ」とかちょっとお茶を濁す表現に替えるのが対処方法です。

 

ポリシー違反を食らった記事で「おすすめ」みたいなワードが入ってないか確認してみましょう。

ポリシー違反の審査リクエスト方法

基本的にポリシー違反が起きたらメールにて通知されます。

 

通知されたらPCとかでGoogleアドセンスのページを開き、左メニューの「アカウント」から「ポリシーセンター」をクリックしてください。

 

「違反措置が適用されたサイト」って部分に自分のブログとかの何かしらが載っていればそこをクリック。

ポリシー違反の該当記事を修正した後、アドセンス内で該当ページにチェックを入れて下にある審査リクエストをクリックしましょう。

 

手順どおりに進めればリクエストは完了です!

審査にかかる日数

だいたいリクエストを送ってから二日ほどで結果が届きます

こんな感じでメールが届くので確認してみてください。

 

僕の場合は二つの記事がポリシー違反を食らっていて、上のやつは解除されましたが下のやつは「まだダメだよ」って言われてしまいました。

まだ何かしらの問題があるってことなので、じっくりと自分の記事を読み直してみましょう。

ポリシー違反はすぐに来ない

ポリシー違反をしていても、すぐに通知が来るわけじゃありません。

僕の記事も2月とかに投稿した記事が3月末にポリシー違反としての通知が来たので結構ラグがあります。

 

まぁ実際にポリシー違反としての通知が来ないと対処のしようがないので気にせずいつも通り記事を書いてますが、注意できるところはした方がいいかもしれないですね。

違反を放置するのはあんまりよろしくないので、通知が来たらすぐに対処するようにしましょう。

まとめ:めんどいけど地道に

上でも書いたように、タバコ関連のポリシー違反は

  • 商品リンクの削除
  • 「おすすめ!」みたいなワードの削除

で基本的には改善すると思います。

ズッカズ
実際ワイはこの二つの対処で改善したンゴ

 

せっかく投稿した記事を削除するのはもったいないので、違反にならない程度の表現で留めることが大事ですね。

めんどくさいですが、タバコ関連の記事を投稿している人は注意してみてください!

 

そんな感じでした!

 

そりでは。