Amazonで買ってよかったオススメ商品まとめ!

【WH-1000XM3】ヘッドホンを数ヶ月使用して感じたデメリット

どうも、ズッカズです。

 

以前、「【Bluetooth】ワイヤレスヘッドホンのSONY「WH-1000XM3」を買ったのでレビュー!【おすすめ】」って記事で完全ワイヤレスのヘッドホンを買ったよっていうご報告をしました。

んで、使ってて気付いたんですけど、ヘッドホンってイヤホンとは違う特有のデメリットみたいのがあるんですよね。

 

ってことでね、いっそそのデメリットを紹介してやろうってことでこんな記事を書いてみます。

ヘッドホンを購入しようか迷ってる人は役に立つかは不明ですけど参考にしてみてください。

 

ちなみにデメリットを挙げますけど、今でもフツーにヘッドホンを使ってます

あくまで「WH-1000XM3」の場合ですが、デメリットよりもメリットの方が圧倒的に勝ってると思います。

 

ヘッドホンのデメリット!

ってことで早速デメリットを紹介していきます!

かさばる

 

当たり前なんですけど、ヘッドホンはイヤホンよりもデカいです。

そうなってくるとカバンとかにしまうときが結構かさばるんですよね。

 

ポッケとかにも入るサイズじゃないんで若干荷物が増えます。

取り回しが悪い

以前使っていた「AirPods」との比較になりますけど、耳に装着するまでの過程がちょっと多いです。

 

AirPodsの場合は

手順1
ポッケからイヤホンを取り出す
手順2
耳に装着する
手順3
イヤホンをタップして再生

って感じなんですけど、ヘッドホンの場合だと

手順1
カバンからヘッドホンケースを取り出す
手順2
耳に装着する
手順3
ヘッドホンケースをしまう
手順4
ヘッドホンをタップして再生

って具合で若干ですけど音楽を再生するまでに時間がかかります。

 

リュックに仕舞っている場合だといちいちリュックのチャックを開けて、もっかい閉めて背負いなおすみたいなこともしますしね。

これが若干だるいかな~と思います。

蒸れる

耳を覆っているので結構蒸れます

ただでさえ僕は暑がりなので耳周りがめちゃくちゃ暑い。

 

満員電車とかだと冬でも暑いときとかあるんで、夏場になるともっと地獄かもしれない。

真夏にはあまり向いてないかもしれないです。

髪の毛が潰れる

僕は普段、髪の毛をワックスでツンツンにしてるんですが、ヘッドホンをつけると髪の毛の一部分だけぺったんこになってしまいます。

 

手でグッシャグッシャやれば直るっちゃなおるんですけど、髪の毛が崩れるのが嫌だ!って人には微妙かもしれない。

僕もセットした髪の毛がめちゃくちゃになるのは正直嫌だったんですけど、まぁ…

 

誰もオレのことなんて見てねぇな!!

 

って思い始めたのであまり気にならなくなりました。

デメリットを上回る便利さ

と、こんな感じのデメリットを感じているわけですが、元も子もないことを言うと普通に慣れます

使っていくうちに特にストレスを感じることなく使用できるのであんまり問題ないんですよね。

 

っていうか、ストレスがあったとしてもそれを上回る利便性と音楽を聴くっていう楽しさがあるのでメリットが勝つんですよ。

「WH-1000XM3」の場合は右のハウジングで全ての操作が完結するのでめちゃくちゃに便利ですし、ノイズキャンセリング機能も文句のつけようがないくらい最高

雑音がほぼ一層されますんでね。

音質も申し分ないですし、マジで使ってて楽しいヘッドホンなんですよ。

 

それを考えると上に挙げたデメリットなんて些細なことかなーと思います。

まとめ:ヘッドホン最高でござる

やっぱりヘッドホンってイヤホンよりも音質なり遮音性なりが高いので、音楽を聴くのが楽しいんですよね。

それを考えると上で挙げたデメリットなんて無いようなモンなんで全く気にならないです。

まぁ夏場にめっちゃ蒸れるっていうのは少し考えないといけないかもですが…

 

それでもヘッドホン、マジで良いです!

特に僕が購入したWH-1000XM3」はマジでおすすめです。

最高を超える最高なヘッドホンだと思ってます。

 

無線なので有線みたいな煩わしさも無いですし、操作も右のハウジングに集約されてますし、ノイキャンもハンパないっていう。

 

ズッカズ
神か!?

 

普通のヘッドホンも良いですが、イヤホンかヘッドホンを買い換えたいって人は「WH-1000XM3」も一つの案かなと思います。

 

ってことで、そんな感じでした!

 

ヘッドホンをすこれ!

 

おわり